旅・グルメ 旅行 海外ウエディング&ハネムーン

海外ウエディングの家族やゲストの服装マナーや事前準備するもの

投稿日:2018年8月14日 更新日:

Pocket
LINEで送る

日本と違い、海外の結婚式に参列するとなると、どんな服装や準備をすればよく分かりませんよね。    今回は、海外挙式に招待されたときに押さえておきたい家族やゲストの服装や、事前に準備しておくことなどをご紹介します。

 

日本と違い、海外の結婚式に参列するとなると、どんな服装や準備をすればよく分かりませんよね。

 

今回は、海外挙式に招待されたときに押さえておきたい家族やゲストの服装や、事前に準備しておくことなどをご紹介します。

 

こんにちは!ビジベース管理人の『キク』(@busi_base)です。

 

海外ウエディングに参加するなんて、一生に一度あるかないかという程度ですよね。

 

もしかしたら、初めての海外なんて方もいたりして、不安も多いかと思います。

 

しかし、日本の結婚式よりは、服装についてもゆるい場合が多いのでそこまで構えなくても大丈夫です。

 

それでは海外ウエディングに参列するゲストの服装を中心に、準備すべきことを見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

家族や列席者の服装、衣装

女性列席者

 

出発前に一度、新郎新婦を間に通して、ご両家や友人と服装の相談を済ましておきましょう。

 

両家でバラバラの服装を着るよりも、ドレスコードを合わせた方が、より調和の取れた写真を記念として残すことができます。

 

礼服のほかに、現地での正装(例えばハワイの場合はムームー)、ワンピース、ツーピース等で、色は白以外の柄物や明るい色がおすすめです。

 

挙式に参列する場合は、肌の露出が多いデザインは避けましょう。

 

また、室内はエアコンがよくきいている為、体温調整がしやすい羽織物なども持参するのがおすすめです。

 

男性列席者

 

出発前に一度、新郎新婦を間に通して、ご両家や友人と服装の相談を済ましておきましょう。

 

モーニングや現地正装(例えばハワイの場合はアロハシャツ)、スーツ、タキシードなどが考えられます。

 

上着がアロハシャツなどの場合は、パンツはスラックスなどを合わせていただき、靴はスラックスの色に合わせた革靴着用が一般的です。

 

その他、女性男性共に、Tシャツ、半ズボン、ビーチサンダル、水着、ジーンズ等は挙式の最中は避けましょう。

 

 

挙式の家族や列席者の事前準備、注意点

 

挙式の進行は牧師が行いますが、列席者が手伝うことが何点かあります。

 

新婦の入場時のエスコート

 

基本的には新婦の父親になります。

 

父親が参列しない場合は新郎が行います。

 

結婚証明書の署名

 

立会人の無い場合もあります。

 

基本的には父親が行い、参列しない場合は母親になります。

 

しかし、最近は仲の良い兄弟や親友などが署名するケースも多いようです。

 

レイの贈呈

 

特に準備する必要はありませんが、ハワイやグアムなどではレイの贈呈を行うことがあります。

 

 

まとめ 最低限のマナーは押さえておこう

 

あくまでも主役は新郎新婦ですが、男性、女性それぞれの服装や挙式への参加の基本的なマナーは押さえておきましょう。

 

しっかり準備して、新郎新婦と一緒に最高の思い出をつくってください!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

キク

東京都在住の20代後半男性です。 会社の代表取締役として不動産賃貸業(投資)と「ビジベース」を運営しています。 元不動産仲介営業マン。楽しく発信していきたいと思います。

-旅・グルメ, 旅行, 海外ウエディング&ハネムーン

Copyright© ビジベース , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.