ガジェット ライフハック 旅・グルメ 旅行 海外ウエディング&ハネムーン

シュノケーリングやダイビングなど水中で使うおすすめアクションカメラ

投稿日:2018年9月8日 更新日:

Pocket
LINEで送る

GoPro(ゴープロ)などを中心にカメラのジャンルとして市民権を得つつあるのが「アクションカメラ」です。    そんな中、水中での利用におすすめなアクションカメラをまとめました!

 

GoPro(ゴープロ)などを中心にカメラのジャンルとして市民権を得つつあるのが「アクションカメラ」です。

 

そんな中、水中での利用におすすめなアクションカメラをまとめました!

 

 

こんにちは!ビジベース管理人の『キク』(@busi_base)です。

 

近々ハネムーンでグアムに行く予定なのですが、グアムやハワイなどの島国といったらやっぱりマリンアクティビティです。

 

シュノケーリングやダイビングで熱帯魚や海ガメと泳いだり、バナナボートや空からのパラセイリングなど目白押しです。

 

こうした様々なマリンスポーツを記録として残したいと考えた結果、最適なのが「アクションカメラ」でした。

 

今回は水中の撮影に適したアクションカメラのおすすめ商品をご紹介します!

 

※中でもおすすめアクションカメラ「MUSON(ムソン)MC2 Pro1」については激安カメラMUSON(ムソン)MC2 Pro1おすすめポイント!をご覧下さい!

激安カメラMUSON(ムソン)MC2 Pro1おすすめポイント!

  Amazonでも常にトップセールスのアクションカメラ「MUSON(ムソン)MC2 Pro1」。   1万円以下で購入できるアクションカメラの中でも、特におすすめの機種です! & ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

アクションカメラとは?

 

アクションカメラとは、一般的にスポーツやアウトドアや車など乗り物に装着・固定して、映像を撮影することに特化した小型カメラのことを言います。

 

ウェアラブルカメラとも呼ばれています

 

通常のカメラよりも小型・軽量なのが特徴で、手に持たずに撮影することも可能です。

 

防水性と耐衝撃性が高く、水深深くまで水中で撮影できるモデルもあります。

 

普通のカメラでは真似できない、臨場感ある映像を撮影できるのでおすすめです。

 

 

水中での撮影に適したアクションカメラを選ぶポイント

耐水性・水深

 

今のアクションカメラは基本的には水に対しての対策が取られています。

 

しかし、それは本体に防水機能が備わっているタイプと、付属のハウジングを装着して防水に対応するタイプの2種類があることに注意が必要です。

 

また、撮影可能な水深も重要です。

 

水深1.5m程度のものから、付属品を利用して水深60mにも対応できるタイプまで幅広く揃っています。

 

気軽に水辺で遊ぶ程度なのか、本格的なダイビングを行うのかなど、ご自身の利用するシーンによって変わってきます。

 

手ぶれ補正

 

川であったり、海であったり、どちらも水の流れがありますので、手ぶれ補正は必須と言っても良い機能です。

 

画質は良いが高価で本体サイズも大きくなってしまう「光学式」と、画質は落ちるが本体サイズも小さく、価格が抑えられる「電子式」の二種類があります。

 

どちらにしろ、手ぶれ補正が採用されている商品を選択しましょう。

 

画質

 

アクションカメラの解像度は、

 

・HD(1270x720)

・フルHD(1920×1080)

・4K(3840×2160)

 

の3種類があります。

 

HD→フルHD→4Kの順番で画質が良くなっていきます。

 

今後、パソコンやテレビの高品質になり、4Kが当たり前の時代がやってくるでしょう。

 

将来を視野に入れて高画質で記録したい方は画質劣化の少ない4K対応モデルがおすすめです。

 

 

おすすめアクションカメラ

MUSON(ムソン) MC2 Pro1

 

私の一番のおすすめがこちらの「MUSON(ムソン) MC2 Pro1」です!

 

4K動画撮影可能・手振れ補正・マイク端子・2インチの液晶ディスプレイ・170度広角レンズ・Wifi対応など欲しい機能が一通りついています。

 

また、1200mAhの予備バッテリーも含めた、とても豊富なアクセサリーが標準で付いていますので、様々なシーンで利用することができます。

 

付属の防水ハウジングを使うことで30mの水深まで撮影可能です。

 

これだけの機能・アクセサリーが付いて、なんと「1万円以下」で購入可能です!

 

画質自体もそこそこですので、コストパフォーマンスに大変優れています。

 

※「MUSON(ムソン)MC2 Pro1」の詳細は激安カメラMUSON(ムソン)MC2 Pro1おすすめポイント!をご覧下さい!

激安カメラMUSON(ムソン)MC2 Pro1おすすめポイント!

  Amazonでも常にトップセールスのアクションカメラ「MUSON(ムソン)MC2 Pro1」。   1万円以下で購入できるアクションカメラの中でも、特におすすめの機種です! & ...

続きを見る

※購入後の詳細レビューは激安カメラMUSON(ムソン)MC2 Pro1の中身・レビューをご覧下さい!

激安カメラMUSON(ムソン)MC2 Pro1の中身・レビュー

  Amazonでもとても高評価のアクションカメラ「MUSON(ムソン)MC2 Pro1」を購入しました!   早速レビューしていきたいと思います。  

続きを見る

 

APEMAN アクションカメラ  フルHD

 

フルHD・手振れ補正・液晶ディスプレイ・170度広角レンズと一通りの機能が揃っており、付属品も撮影に必要なものが最初から揃っています。

 

画質も決して悪くないレベルでの撮影が可能です。

 

さらに付属の防水ハウジングを使うことで30mの水深まで撮影可能です。

 

ただし、4K動画やWi-Fi機能などには対応しておらず、1050mAhのバッテリーですが、予備バッテリーはありませんので長時間の撮影には向きません。

 

では、なぜこの機種もおすすめなのかというと、「5,000円以下」で購入可能なその価格です。

 

とりあえず、ちょっとした撮影しかしないし、最低限の機能でよいからアクションカメラを使って水中を撮影してみたいという方には良い機種になります。

 

FDR-X3000R

 

画質、手振れ補正、使いやすさ、すべてにおいてとても優れている機種です。

 

特に本格的な「空間光学ブレ補正」が採用されており、動画のなめらかさは紹介する商品の中でピカイチです。

 

高価になりますが、波が多かったり、振動が強い環境だとFDR-X3000Rがおすすめ。

 

また、防水ハウジングを使うことでなんと60mの水深まで撮影可能です。

 

本当に深くまで潜りたい、上級ダイバーにもおすすめです。

 

GoPro HERO 6

 

アクションカメラと言えばこの「GoPro」です!

 

その最新モデルが「GoPro HERO 6」になります。

 

とても高画質で撮影出来るのがウリですので、綺麗な映像を残したい方におすすめです。

 

防水ハウジングなしでも10mの水深まで撮影可能ですので、あまり深くまで潜らない程度のシュノーケリングなら、そのままカメラを潜らせて撮影できます。

 

さらに別売りの防水ハウジングを使うことで60mの水深まで撮影可能です。

 

本当に深くまで潜りたい、上級ダイバーにもおすすめです。

 

 

まとめ 水中の撮影とアクションカメラは相性抜群!

 

アクションカメラさえあれば、誰でも簡単に水中での迫力ある動画を撮影することができます!

 

せっかくの楽しい思い出ですから、この記事を参考に是非ご自身の用途にあった、アクションカメラを見つけてください!

 

※中でもおすすめのアクションカメラ「MUSON(ムソン)MC2 Pro1」については激安カメラMUSON(ムソン)MC2 Pro1おすすめポイント!をご覧下さい!

激安カメラMUSON(ムソン)MC2 Pro1おすすめポイント!

  Amazonでも常にトップセールスのアクションカメラ「MUSON(ムソン)MC2 Pro1」。   1万円以下で購入できるアクションカメラの中でも、特におすすめの機種です! & ...

続きを見る

※購入後の詳細レビューは激安カメラMUSON(ムソン)MC2 Pro1の中身・レビューをご覧下さい!

激安カメラMUSON(ムソン)MC2 Pro1の中身・レビュー

  Amazonでもとても高評価のアクションカメラ「MUSON(ムソン)MC2 Pro1」を購入しました!   早速レビューしていきたいと思います。  

続きを見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

キク

東京都在住の20代後半男性です。 会社の代表取締役として不動産賃貸業(投資)と「ビジベース」を運営しています。 元不動産仲介営業マン。楽しく発信していきたいと思います。

-ガジェット, ライフハック, 旅・グルメ, 旅行, 海外ウエディング&ハネムーン

Copyright© ビジベース , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.