旅・グルメ 旅行 海外ウエディング&ハネムーン

グアム旅行にESTA(エスタ)は必要?メリット・デメリットを解説

投稿日:2018年9月12日 更新日:

Pocket
LINEで送る

人気の海外旅行先の「グアム」ですが、「アメリカへ旅行に行くにはESTA(エスタ)が必要」って聞いたことありませんか?    今回はESTA(エスタ)への様々な疑問にお答えしたいと思います!

 

人気の海外旅行先の「グアム」ですが、「アメリカへ旅行に行くにはESTA(エスタ)が必要」って聞いたことありませんか?

 

今回はESTA(エスタ)への様々な疑問にお答えしたいと思います!

 

 

こんにちは!ビジベース管理人の『キク』(@busi_base)です。

 

グアムでの挙式&ハネムーンの準備をしている際に、何度か「ESTAという文字を見かけました。

 

正直なところ、幼い頃に一度海外へ行ったきり、海外旅行の経験がなかった為、

 

(ESTA・・?なんて読むんだろう・・)
キク

 

と思っていました(笑)

 

そこで今回はESTA(エスタ)とは?からはじまり、メリット・デメリット等も調べてまとめました!

 

※パスポートの申請については「パスポート取得は準備が命!必要書類から申請・受取方法も解説します!」をご覧下さい!

パスポート取得は準備が命!必要書類から申請・受取方法も解説します!

    海外へ行くための必須書類といったら「パスポート」ですよね?   ただ想像以上にパスポートを取得するには必要書類や準備が多く大変ですよ!   「どうやって ...

続きを見る

※海外旅行保険については海外旅行保険とは?補償内容をクレジットカードと一般保険で把握するをご覧下さい!

海外旅行保険とは?補償内容をクレジットカードと一般保険で把握する

  海外旅行保険と言われても、普段利用しない方も多い為、「どんな内容になっているかよく分からない」人も多いと思います。   そこで、今回は海外旅行保険の押さえておくべき基本的な補償 ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

ESTA(エスタ)とは?

 

ESTA(エスタ)とは米国への旅行者を米国が事前に確認する為に、申請を義務付けている電子渡航認証システムのことをいいます。

 

一度認証を受けると2年間有効です。

 

ただし、パスポートの有効期限が2年未満の場合は、ESTAの有効期限もパスポートの期限までとなりますので注意してください。

 

さて、申請が義務だとお話しましたが実はグアムは、「新グアムー北マリアナ諸島連邦ビザ免除プログラム」というものが適用になり、「グアム」へ「45日以下の滞在」の場合はESTA及びビザを申請しなくても入国することができます。

 

ESTAの取得の必要はなくなりましたが、その代わりに入国カードの「I-736」の記入とグアム入国時の提出が追加で必要となります。

 

参考に46日~90日の滞在はESTAの取得、91日以上の滞在の場合はビザの申請が必要になります。

 

 

ESTA(エスタ)取得のメリット 

 

45日以下の通常の旅行であれば、わざわざ面倒なESTAの取得をする必要がないことが分かりましたが、実はESTAを取得することにはメリットがあります。

 

入国審査にかかる時間の短縮

 

一番のメリットはなんと言っても入国審査にかかる時間を短縮できる点にあります。

 

ESTAを取得した人は、グアム国際空港に到着した際に専用レーンを利用することができます。

 

特に繁忙期など空港がとても混み合う時期は、入国審査までの時間が大幅に短縮されます。

 

入国カード「Iー736」の記入が不要

 

航空機内で配布され、グアム入国時に提出する「I-736」という書類の記入が不要になります。

 

1枚5分程度で書けますが、家族の人数が多いと少し面倒かもしれません。

 

 

ESTA(エスタ)取得のデメリット

1人あたり14$の費用が掛かる。

 

一番のデメリットが取得に費用がかかる点です。

 

ESTAの申請・取得には、1人あたり14$の料金がかかります。

 

これが、お子さまなども含めて4~5人程の家族になると結構な額になってしまいます。

 

ツアーの場合や旅行同行者がESTAを取得していないとあまり意味が無い

 

ツアーの場合や、他に旅行の同行者がいる場合、自分の入国審査がESTAを利用した結果早く終わったとしても、他の人を待たないといけません。

 

ですので、せっかく早く空港を出るために取得したのに、あまり意味が無くなってしまいます。

 

 

ESTA(エスタ)の取得はこんな人におすすめ

 

さて、ここまでESTAについて説明してきましたが、最後に私なりにESTAを取得するのがおすすめな方を考えてみました。

 

・とにかく数十分でも早く空港を出て、時間を有意義に使いたい

・並ぶストレスが嫌な方

・小さい子どもや高齢者など、立って長時間並ぶことが大変な方が居る場合

・夏休みや年末年始のピークのシーズンや、到着が15時台など混雑が予想される場合

・2年以内に米国へ再度訪れる予定がある場合

 

上記の特に2つ以上該当する方は、お金を払ってでも、ESTAを利用した方が快適なグアム旅行になると思います。

 

参考に今回の私達のグアムのハネムーンは、ピークのシーズンからも外れてますし、到着時間も15時台を外しているので、ESTAは取得しませんでした。

 

さぁ、吉と出るか凶と出るか・・・。

 

 

まとめ ご自身やご家族の旅に必要かは状況次第

 

再度お伝えすると「グアム」に関してはESTAを取得しなくても入国できます。

 

費用が掛かることですので、多少時間が掛かってもよい人は取らなくても問題はありません。

 

それぞれの必要な状況に合わせてESTA取得を検討してみてください。

 

※パスポートの申請については「パスポート取得は準備が命!必要書類から申請・受取方法も解説します!」をご覧下さい!

パスポート取得は準備が命!必要書類から申請・受取方法も解説します!

    海外へ行くための必須書類といったら「パスポート」ですよね?   ただ想像以上にパスポートを取得するには必要書類や準備が多く大変ですよ!   「どうやって ...

続きを見る

※海外旅行保険については海外旅行保険とは?補償内容をクレジットカードと一般保険で把握するをご覧下さい!

海外旅行保険とは?補償内容をクレジットカードと一般保険で把握する

  海外旅行保険と言われても、普段利用しない方も多い為、「どんな内容になっているかよく分からない」人も多いと思います。   そこで、今回は海外旅行保険の押さえておくべき基本的な補償 ...

続きを見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

キク

東京都在住の20代後半男性です。 会社の代表取締役として不動産賃貸業(投資)と「ビジベース」を運営しています。 元不動産仲介営業マン。楽しく発信していきたいと思います。

-旅・グルメ, 旅行, 海外ウエディング&ハネムーン

Copyright© ビジベース , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.