マネー 旅・グルメ 旅行 海外ウエディング&ハネムーン

海外旅行保険はクレジットカード?一般の保険?大きな3つの違い

投稿日:2018年9月5日 更新日:

Pocket
LINEで送る

海外旅行に行く際は、みなさんも、なにかしらの海外旅行用の保険に加入するかと思います。    そんな時に一般の保険に入るのか、クレジットカードの付帯保険で良いのかどこを基準にしたらよいのでしょう。

 

海外旅行に行く際は、みなさんも、なにかしらの海外旅行用の保険に加入するかと思います。

 

そんな時に一般の保険に入るのか、クレジットカードの付帯保険で良いのかどこを基準にしたらよいのでしょう。

 

 

こんにちは!ビジベース管理人の『キク』(@busi_base)です。

 

私事ですが、近々海外挙式&ハネムーンを控えているのですが、その打ち合わせをする中で「海外旅行の保険はどうしますか?」という話が出ました。

 

確か自分が所有しているクレジットカードにも、海外旅行の保険が付いていたのは憶えていたのですが、「本当にこのままでいいのだろうか?」と考えました。

 

そこで、今回は海外旅行へ行く方向けに、まずは一般の保険とクレジットカードに付帯している保険についての違いについて調べました!

 

※海外旅行保険の補償内容については海外旅行保険とは?補償内容をクレジットカードと一般保険で把握するをご覧下さい!

海外旅行保険とは?補償内容をクレジットカードと一般保険で把握する

  海外旅行保険と言われても、普段利用しない方も多い為、「どんな内容になっているかよく分からない」人も多いと思います。   そこで、今回は海外旅行保険の押さえておくべき基本的な補償 ...

続きを見る

※海外旅行保険付帯のおすすめクレジットカードについては海外旅行保険付帯の年会費無料クレジットカードのおすすめベスト3をご覧下さい!

海外旅行保険付帯の年会費無料クレジットカードのおすすめベスト3

  海外旅行保険は年会費無料のクレジットカードに付帯する保険を利用すれば、「今後ずっと実質無料」で利用することができます。   今回は厳選した年会費無料のクレジットカードのベスト3 ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

一般の保険とクレジットカード付帯保険の大きな3つの違い

 

細かく挙げていくとキリがないのですが、大きく分けると3つの違いがあります。

 

補償範囲

 

補償範囲に関して言えば、一般の保険の方が幅広く対応していると言えます。

 

クレジットカードの付帯保険で対応出来ない主な範囲が「疾病死亡」・「緊急歯科治療費」です。

 

疾病死亡とは病気を患った状態で海外旅行へ出かけ、海外で死亡することを言います。

 

緊急歯科治療費は字のごとく、歯に激痛が走ってどうしようもない場合などに、歯の治療を受けた費用になります。

 

しかし、よく考えてみて下さい。

 

通常、長くても1~2週間の海外旅行へ行く場合に、死亡するような可能性がある病気を患ったまま海外へ行きますでしょうか?

 

また、歯に関しても自身で治療をしてから海外へ行けばよい話かと思います。

 

特に緊急歯科治療費は一般の保険でも付帯していない場合が多いです。

 

ですので、一ヶ月とか二ヶ月とかの超長期滞在をするわけではなければ、気にするレベルではないかと思います。

 

補償金額

 

補償金額も項目ごとによって大きな違い出ます。

 

特に海外旅行の保険で一番重要なのが、「治療費」の補償金額です。

 

海外は日本と違い、事故や病気などで治療を受けた場合、とても高額な治療費を請求されます。

 

特にアメリカやヨーロッパなどは治療費がそもそも高い上に、自己負担も10割です。

 

例えば盲腸で手術して2~3日入院しただけで、100万円~200万円の治療費がかかるような世界です。

 

ですので、この治療費に関して一番注目すべきですが、この点は一般の保険は1,000万円~無制限が基本ですので、安心です。

 

しかし、クレジットカードの付帯保険に関しては、正直なところカードによって補償金額がバラバラです。

 

ですが、「死亡補償」と「後遺障害」を除いた補償に関してはカードごとの補償金額を合算することができます。

 

ですので、クレジットカードの付帯保険を利用する際は、所有している「それぞれのカードごとの治療費の補償金額」を合算した金額がいくらになっているか?ということがとても重要です。

 

また、一般の保険の方が、やや他の補償に関しても手厚くなっています。

 

治療費の支払い方法

 

一般の保険は、補償金額内であれば、基本的には自己負担無く治療を受けることができます。

 

一方クレジットカードの付帯保険の場合は、「キャッスレスでの診療」が可能なカードでないと、基本的に一旦現地で治療費を建て替えた後に、帰国後にカード会社へ請求することになってしまいます。

 

ですので、ある程度の補償金額分「キャッスレスでの診療」が可能なカードを所有しておくことが大事です。

 

 

まとめ 海外旅行保険が充実した、クレジットカードを数枚所有するのがおすすめ!

 

クレジットカードは所有してさえいれば、年会費だけで(年会費無料カードの組み合わせでも十分な補償になります)今後ずっと海外旅行保険をいつでも使えるわけですから、利用しない手はありません。

 

今回の記事を参考にまずは、今現在所有しているクレジットカードを確認して、補償が足りないと感じたら、出来れば年会費無料のクレジットカードを新たに作成して無料で補うのがおすすめです!

 

ですが、急ぎのケースや超長期旅行などの場合は一般の生命保険の方が良い場合もありますので、ケースに応じて不安なく旅行を楽しめるように準備をしましょう!

 

※海外旅行保険の補償内容については海外旅行保険とは?補償内容をクレジットカードと一般保険で把握するをご覧下さい!

海外旅行保険とは?補償内容をクレジットカードと一般保険で把握する

  海外旅行保険と言われても、普段利用しない方も多い為、「どんな内容になっているかよく分からない」人も多いと思います。   そこで、今回は海外旅行保険の押さえておくべき基本的な補償 ...

続きを見る

※海外旅行保険付帯のおすすめクレジットカードについては海外旅行保険付帯の年会費無料クレジットカードのおすすめベスト3をご覧下さい!

海外旅行保険付帯の年会費無料クレジットカードのおすすめベスト3

  海外旅行保険は年会費無料のクレジットカードに付帯する保険を利用すれば、「今後ずっと実質無料」で利用することができます。   今回は厳選した年会費無料のクレジットカードのベスト3 ...

続きを見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

キク

東京都在住の20代後半男性です。 会社の代表取締役として不動産賃貸業(投資)と「ビジベース」を運営しています。 元不動産仲介営業マン。楽しく発信していきたいと思います。

-マネー, 旅・グルメ, 旅行, 海外ウエディング&ハネムーン

Copyright© ビジベース , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.