不動産投資 住宅購入&不動産関連

不動産投資の賃貸管理会社の主な2種類のタイプのメリット・デメリット

投稿日:2019年1月23日 更新日:

Pocket
LINEで送る

管理会社はオーナー以上に入居者に近い存在として関わってくることが多く、良い管理会社を見つけることによって、賃貸経営の安定や成功する可能性が大きく高まります。    そんな管理会社ですが、実は大きく分けて2つのタイプに分かれることをご存知でしょうか?

 

管理会社はオーナー以上に入居者に近い存在として関わってくることが多く、良い管理会社を見つけることによって、賃貸経営の安定や成功する可能性が大きく高まります。

 

そんな管理会社ですが、実は大きく分けて2つのタイプに分かれることをご存知でしょうか?

 

 

こんにちは!ビジベース管理人の『キク』(@busi_base)です。

 

賃貸物件を取り扱っている会社であれば、ほとんどの会社で賃貸管理業務を行っていますが、同じ管理業務を行う会社でもタイプが異なる場合があります。

 

大きく分けて、

 

・仲介業務をメインに行う管理会社

・管理業務をメインに行う管理会社

 

に分けることができます。

 

今回はそれぞれの特徴やメリット・デメリットなどをご紹介していきます。

 

※管理会社を選ぶ際に確認しておきたいチェックポイントについては不動産投資で管理会社を選ぶ際に確認しておきたいチェックポイントをご覧ください!

不動産投資で管理会社を選ぶ際に確認しておきたいチェックポイント

  不動産投資を行う上で、物件を自分で管理する方法もありますが、会社勤めであったり他にビジネスをしていると「管理会社」に任せている方が多いのではないでしょうか?  

続きを見る

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

仲介業務がメインの管理会社

 

管理会社の中でも、空室が出た際に借主と貸主を結びつける仲介業務に力を入れている会社があります。

 

こういった会社に管理を依頼するメリットとしては、仲介業をメインにしているわけですから、入居者を見つけてくる能力が高く、空室が早期に埋まりやすいという点が挙げられます。

 

その上、仲介業がメインの管理会社に管理をお願いすることによって、自社管理物件となる為、優先的に物件を紹介してもらえます。

 

それは仲介管理会社にとって借主からいただく仲介手数料と、オーナーからいただく広告宣伝費の両取りをして売上が2倍になる為です。

 

ただし、一生懸命借主を探してくれるのですが、仲介手数料(&広告宣伝費)の売り上げをメインとしている為「自社の仲介店舗のみで募集をし、他社の仲介会社へは紹介しない」というケースが多くあります。

 

こうなると、他社に問合わせた賃貸を探しているお客の目に物件が触れないわけですから、販売間口としては狭くなる傾向にあります。

 

よって、空室対策に重きを置く場合は本当に依頼する管理会社がしっかり借主を見つけてくる力があるか見極めることが重要です。

 

また、管理業務に関してはというと、仲介業務がメインの大手の場合一定の質は確保できますが事務的で、きめ細かい対応は難しい場合があります。

 

また、中小の場合は戸数が少なく管理業務に慣れていなかったり、そもそもメインの業務と考えていないこともあってか、クレームやトラブルの際に対応が遅かったり、補修工事などの知識が無いというような場合があります。

 

 

管理業務がメインの管理会社

 

管理会社の中でも管理業務をメインにしている会社の場合は、基本的に管理戸数も多いので、様々な入居者への対応に慣れており、建物・設備の修繕やリフォームの提案といったことが得意な場合が多いです。

 

管理手数料の収入がメインとなる訳ですから、少しでも満室に、入居者に長く住んでいただきたい為、クレームやトラブルなどの際も細かく対応してもらえる傾向にあります。

 

一方借主を募集する仲介業務は他社と比べると苦手としていますので、空室期間が長引く可能性があります。

 

ただ、管理会社としては空室のままではメインの収入が途絶えてしまいますので、他の仲介会社へも物件の紹介をOKとしている場合が多く、募集の間口は広がります。

 

空室対策としては、相場と比べると少し家賃を低く設定したり、他社からも紹介してもらえるように広告宣伝費を多めに設定したり、フリーレントを付けるなどの工夫が必要になります。

 

 

まとめ

 

以上2種類の管理会社をご紹介しましたが、中には「仲介業務しか行わない会社」や、「管理業務しか行わない会社」もありますし、どちらも同程度力を入れている会社などもあります。

 

まずはどのようなタイプの管理会社を選ぶのか、ということが実は大事になってきます。

 

また、初めて管理会社を選ぶ場合は、両方のタイプの違う管理会社の話を聞きにいくことがおすすめです。

 

その上で、ご自身の経営方針と合う管理会社を選びにいきましょう。

 

※管理会社を選ぶ際に確認しておきたいチェックポイントについては不動産投資で管理会社を選ぶ際に確認しておきたいチェックポイントをご覧ください!

不動産投資で管理会社を選ぶ際に確認しておきたいチェックポイント

  不動産投資を行う上で、物件を自分で管理する方法もありますが、会社勤めであったり他にビジネスをしていると「管理会社」に任せている方が多いのではないでしょうか?  

続きを見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

キク

東京都在住の20代後半男性です。 会社の代表取締役として不動産賃貸業(投資)と「ビジベース」を運営しています。 元不動産仲介営業マン。楽しく発信していきたいと思います。

-不動産投資, 住宅購入&不動産関連

Copyright© ビジベース , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.