リフォーム・修繕 不動産投資 住宅購入&不動産関連

夏前に事前にエアコンの対策を行いクレームを防ぐ方法をご紹介!

投稿日:2019年3月7日 更新日:

Pocket
LINEで送る

6~7月の夏本番前の時期に、急激に増えるのが入居者からの「エアコンに関するクレーム」です。    今回はエアコンのクレームを未然に防ぐ方法をご紹介していきたいと思います。

 

6~7月の夏本番前の時期に、急激に増えるのが入居者からの「エアコンに関するクレーム」です。

 

今回はエアコンのクレームを未然に防ぐ方法をご紹介していきたいと思います。

 

 

こんにちは!ビジベース管理人の『キク』(@busi_base)です。

 

エアコンのクレームは「リモコンが効かない」などの比較的簡単なものから「冷風が出ない」・「カビ臭い」などの本格的な故障も含めて多く発生します。

 

「たかがエアコントラブルでしょ?」と考える方もいるかもしれませんが、その不満が退去につながる可能性がある以上、クレームは少ないに越したことはありません。

 

それでは不満を減らし、入居者に満足してもらう為にはどんな方法が考えられるでしょうか?

 

※エアコン交換についてはエアコン購入はピーク前がお得!不動産投資の空室対策に早めの交換ををご覧下さい!

エアコン購入はピーク前がお得!不動産投資の空室対策に早めの交換を

  最近暑い日が続き、エアコンを入れ始めたという人も多いのではないでしょうか?   今や賃貸でも必須アイテムのエアコンについてお話していきます。  

続きを見る

※エアコン以外の設備交換時期については経年劣化した設備機器は耐用年数・寿命を見て故障前に交換しよう!をご覧下さい!

経年劣化した設備機器は耐用年数・寿命を見て故障前に交換しよう!

  「エアコンが付かない!」・「お湯が出なくてお風呂に入れない!」などの住宅設備のトラブルは不動産投資に付き物です。   こうしたトラブルを回避するには計画的に先手を打って住宅設備 ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

入居者に早めの試運転を促す

 

なぜ夏前にエアコンのクレームが急増するのでしょうか?

 

答えは簡単で、最もエアコンを使い始める人が多いのが6~7月の夏前の時期だからです。

 

ピークである7月には故障連絡の多発から、交換・修理待ちが続いてしまうのは、もはや毎年の恒例行事です。

 

なかなか改善されないトラブルと暑さに、入居者のクレームも過熱しやすくなります。

 

これを回避する策としては、暑さが本番を迎える前の6月頃までにエアコンの試運転をさせて、器機の状態を確認する方法があります。

 

入居者のポストに試運転の喚起を促すチラシを投函するなどし、早めに不具合を発見することによって修理依頼殺到の時期を外しましょう。

 

夏前の時期なら修理待ちの可能性も低く、暑さもピーク前の為、入居者の満足度もキープできるでしょう。

 

 

エアコンクリーニングのサービスを行う

 

さらに一歩踏み込むなら、長期入居者などを対象にエアコンクリーニングをプレゼントするという手もあります。

 

クリーニング時に器機の故障チェックと入居者満足度アップを同時に行なうことができます。

 

これによって入居者に「もう少し住んでもいいかな」と思ってもらえるのはもちろん、クリーニングすることによりエアコン自体の寿命が延びることも期待できます。

 

入居者もエアコンも長持ちできる一石二鳥の方法と言えます。

 

 

古すぎるエアコンは早めに交換する

 

エアコンの実際に使用できる寿命は10年前後言われています。

 

空室のお部屋の中で10年を大きく超えているエアコンはありませんか?

 

いつ壊れてもおかしくない為、真夏に故障してしまったら入居者も大変ですし、空室対策という面でも古臭いエアコンは良いイメージがありません。

 

また、夏本番のピークを迎える前であればエアコンも比較的安く購入することができますので、交換も検討することをおすすめします。

 

※詳しくはエアコン購入はピーク前がお得!不動産投資の空室対策に早めの交換ををご覧下さい!

エアコン購入はピーク前がお得!不動産投資の空室対策に早めの交換を

  最近暑い日が続き、エアコンを入れ始めたという人も多いのではないでしょうか?   今や賃貸でも必須アイテムのエアコンについてお話していきます。  

続きを見る

 

 

まとめ 必須設備を快適に使ってもらうために

 

ここ数年昔と比べても夏は暑くなる日が本当に多くなっている為、エアコンは賃貸経営には必須設備となっています。

 

大切な入居者に快適に住んでいるいただくためにも、大家として事前に対策できることは行っておきましょう。

 

 

※エアコン以外の設備交換時期については経年劣化した設備機器は耐用年数・寿命を見て故障前に交換しよう!をご覧下さい!

経年劣化した設備機器は耐用年数・寿命を見て故障前に交換しよう!

  「エアコンが付かない!」・「お湯が出なくてお風呂に入れない!」などの住宅設備のトラブルは不動産投資に付き物です。   こうしたトラブルを回避するには計画的に先手を打って住宅設備 ...

続きを見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

キク

東京都在住の20代後半男性です。 会社の代表取締役として不動産賃貸業(投資)と「ビジベース」を運営しています。 元不動産仲介営業マン。楽しく発信していきたいと思います。

-リフォーム・修繕, 不動産投資, 住宅購入&不動産関連

Copyright© ビジベース , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.