リフォーム・修繕 不動産売却 不動産投資 住宅購入&不動産関連

ホームステージングとは?お部屋の魅力アップで売却・空室対策

投稿日:2019年4月9日 更新日:

Pocket
LINEで送る

近年話題になっている「ホームステージング」という言葉はご存知でしょうか?     高く売却したい、早く入居者を見つけたいといった方にとっても一度検討していただきたいホームステージングをご紹介していきます。

 

近年話題になっている「ホームステージング」という言葉はご存知でしょうか?

 

高く売却したい、早く入居者を見つけたいといった方にとっても一度検討していただきたいホームステージングをご紹介していきます。

 

 

こんにちは!ビジベース管理人の『キク』(@busi_base)です。

 

「ホームステージング」という言葉は日本ではまだあまり馴染みがありませんが、中古市場が盛んな欧米では売却等行う時にホームステージングをするのは当たり前となっています。

 

そんなホームステージングについて概要等解説していきます。

 

※「色」を利用したリフォームについては「色」の法則を活かして空室対策!部屋の魅力がアップするリフォームをご覧下さい!

「色」の法則を活かして空室対策!部屋の魅力がアップするリフォーム

  現在賃貸不動産は供給過多と言われる時代に突入しており、厳しい競争の中、他の物件には無い様々な差別化が求められています。   そんな中、無駄に費用を掛けずに済む「色」を味方に付け ...

続きを見る

※内装の内壁材については住宅の内装に使われる内壁材の種類や特徴メリットやデメリットを解説をご覧下さい!

住宅の内装に使われる内壁材の種類や特徴メリットやデメリットを解説

  お部屋の全体のイメージを決める大切な要因の1つが、「壁材」です。   壁紙はみなさんイメージが湧くかと思いますが、実は多種多様な「内壁材」が存在します。  

続きを見る

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

ホームステージングとは?

 

ホームステージングとは家がより魅力的に見えるよう、綺麗に片づけ家具や照明、小物類で演出(ステージング)し、売却や賃貸の成約につなげる手法のことを言います。

 

ほぼ同様の意味で「モデルルーム」という言葉もありますが、こちらは新築物件に使用するのに対し、ホームステージングは「中古物件」に対してこの言葉を利用しています。

 

 

ホームステージングで反響対策

 

ホームステージングを利用することによって反響率、成約率ともにアップすることを期待できます。

 

同じ部屋の写真でも、ガランとした様子と、素敵なインテリアが施された様子とでは、どちらが好印象かは言うまでもありません。

 

ホームステージングではまずは「写真」で入居者の心を掴むことが可能です。

 

今は売買でも賃貸でも「ネット」で検索することが当たり前ですので、重要なのはネットに掲載される写真の品質です。

 

オシャレな家具の入った素敵な写真を掲載できれば、反響率も大きく変わってきます。

 

家具販売のニトリグループでホームステージングを扱う(株)ホームロジスティクスによれば、Webサイトの写真閲覧数が施策後になんと7倍と急上昇しています。

 

また、日本ホームステージング協会によれば販売までの期間が1/3に短縮できたという結果が出ており、内見時においても実際に住むイメージが湧きやすいため成約率アップするということが分かります。

 

 

安く、すぐに導入することが出来るのが強み

 

手間や費用面から主に売買で利用されることが多いホームステージングですが、賃貸でも積極的に活用することが可能です。

 

需要期の急な退去が発生した場合、大掛かりなリノベーションや設備交換を行うとベストシーズンを逃してしまいますが、ホームステージングなら時間をかけずに空室対策が施せます。

 

費用は1~2ヶ月の家具レンタル込みで概ね10万円前後から導入することができます。

 

広告用の写真のみにすればもう少し費用の圧縮も可能です。

 

また、そこまでの費用は掛けられない方でも、ご自身でカーテンやラグ、ちょっとしたテーブル、観葉植物や小物を用意するだけでもお部屋の印象はグッと変わります。

 

この程度ならそのまま入居者にプレゼントするといったキャンペーンを行っても良いかもしれません。

 

 

まとめ 今後の中古物件では当たり前になる?

 

年々中古物件の取引が多くなるにつれて、ホームステージングの注目度も伸びてきています。

 

将来的に「早く高く」売りたい、貸したいオーナーにとってはホームステージングが当たり前の手法になるかもしれません。

 

※「色」を利用したリフォームについては「色」の法則を活かして空室対策!部屋の魅力がアップするリフォームをご覧下さい!

「色」の法則を活かして空室対策!部屋の魅力がアップするリフォーム

  現在賃貸不動産は供給過多と言われる時代に突入しており、厳しい競争の中、他の物件には無い様々な差別化が求められています。   そんな中、無駄に費用を掛けずに済む「色」を味方に付け ...

続きを見る

※内装の内壁材については住宅の内装に使われる内壁材の種類や特徴メリットやデメリットを解説をご覧下さい!

住宅の内装に使われる内壁材の種類や特徴メリットやデメリットを解説

  お部屋の全体のイメージを決める大切な要因の1つが、「壁材」です。   壁紙はみなさんイメージが湧くかと思いますが、実は多種多様な「内壁材」が存在します。  

続きを見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

キク

東京都在住の20代後半男性です。 会社の代表取締役として不動産賃貸業(投資)と「ビジベース」を運営しています。 元不動産仲介営業マン。楽しく発信していきたいと思います。

-リフォーム・修繕, 不動産売却, 不動産投資, 住宅購入&不動産関連

Copyright© ビジベース , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.